ホンダ ストリームの名義変更

知人から譲ってもらった車の名義変更をしに、近くの車検場へ行きました。なんとも忙しい場所で、車屋さんやガソリンスタンド、オートバックスなんかの制服をきた人たちが書類を片手に列を作っています。

全くのド素人私は、ホンダストリームの車検証と車庫証明、譲渡証明書や委任状を片手にその列に加わりました。注意深く、記入例を見ながら書類を作成しても、まずは慣れたベテランの職員に記入漏れを指摘され、次は若い職員に「ここだけ書いたら横から提出して下さい」となんとか無事に終了。あとは自分の名前が呼ばれるのを待って、次の税金の申請をする窓口へ。

混んでいるのは名義変更をする棟と証書を売る棟のみで、あとは静かな雰囲気が漂っています。そのあと、再び証書を買った棟に戻るとナンバープレートの代金を払って、「ナンバープレートを外したら、ボンネットを開けて待ってて」とだけ言われ、貸し出しているドライバーを片手に自分の車へ。

ナンバープレートを外し、封印も簡単に破ることができました。そのあとボンネットを開けてまっていると、なんとなく不安になります。もしかしたら、これは車検場の人のひっかけかもしれない」とくだらないことを考えていると新しい車検証を持った職員さんに、封印をしてもらって終了となりました。

なんとか自分一人でできました。