新たな軽オープンカーとして話題を集めるS660

ホンダから販売されているS660は、軽オープンカーのモデルとして大きく注目されています。90年代に絶大な人気を誇っていたビートを彷彿とさせるモデルであることから、幅広い年代の人によって注目を集めてきているのではないかと思います。特徴的なデザインに加えて、ミッドシップ・レイアウトの形式がとられた設計にも、関心が向けられているのではないかと思います。

軽自動車の規格を最大限に満たしつつも、豪快に走行できるというイメージが抱かれていることも、S660では最大のポイントとして挙げられています。そのため、車に関心のある若い年代の男性にとっては、非常に魅力的な自動車のモデルとして捉えられる傾向も強くなっていると考えられており、購入動向が活性化していくものとみられています。

他の軽自動車のオープンカーに比べても、S660は引けを取らないモデルとして認識される状況が度々見受けられています。今後はより幅広い年代層の人によって、S660に対する関心や興味が示されるようになっていくのではないかと思います。また、これまで以上に人気を誇るモデルとして確立されていくことも予測されていることから、大きな期待が寄せられるでしょう。